はまリハ訪問看護リハビリステーション コロナ感染防止について

新型コロナウイルス感染防止に関わる取り組みについて

    【基本的な考え方】

  • ・国および神奈川県のガイドラインに基づき、職員ならびに利用者様の健康と安全を守るため、事業所における対策の充実に努めます。

    【具体的な取り組み】

  • ・サービス提供に当たる職員は、出勤前には必ず各自体温を計測し、37.5度以上の熱発または咳やのどの痛み、倦怠感などがある場合には、速やかに会社へ報告し、
    保健所へ連絡相談を行います。

    【サービス提供における感染防止対策について】

    • ・職員は必ずマスクを着用致します。
    • ・消毒液は事業所内に常時完備し、または訪問の時は携行し、手洗いと消毒を随時行います。
    • ・訪問先にて吸引を行う際、またはそれに立ち合う際はフェイスシールドを着用致します。
    • ・訪問先の利用者様に37.5度以上の熱発が見られた時は、保護具(フェイスシールド、ガウン)を着用の上、サービス提供を行います。
    • ・デイサービスならびに放課後等デイサービスでは、機能訓練時など飛沫が伴うサービスの際はフェイスシールドを着用致します。
    • ・事業所内は定期的に換気を行います。
    • ・デイサービスならびに放課後等デイサービスでは、利用者様が使用する共有設備または、物品等は定期的に消毒を行います。
    • ・デイサービスならびに放課後等デイサービスの利用者様にはマスクの着用、消毒薬による手指消毒をお願いしております。
    • ・新型コロナウイルス感染防止に関する社内研修をオンラインにて定期的に開催し、正確、かつ最新の情報を全社的に共有しています。